スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EOS-1DX 発表ですっ!

キヤノンは、35mm判相当サイズの撮像素子を搭載した
プロ向けデジタル一眼レフカメラ
「EOS-1D X」を2012年3月に発売する。
価格はオープンプライス。
店頭予想価格は65万円前後の見込み。

EOS-1DXだそうです。

連写性能は約12コマ/秒。
超高速連写撮影モードではAF、AE、絞り固定、JPEGのみ、
ミラーアップという制限付きながら14コマ/秒で撮影できる。

CF カードの2枚挿しっ!!

記録メディアスロットはCFのデュアルスロットを採用した。
EOS-1D Mark IVとEOS-1Ds Mark IIは、
CFとSDHCメモリーカードのデュアルスロットだった。
これはEOS-1D Mark IIの発売当時、
SDメモリーカードの方が転送速度が速かったため。
現在は、CFの転送速度がSDメモリーカードを凌ぐため、
容量と信頼性に優れるというCF×2のスロットにした。

詳しくは 「デジカメwatch」 → コチラです。
スポンサーサイト

新レンズ EF 70-300mm 買いました。

IS が4段分なので期待しますヨ。
↑購入レンズは EF 70-300 F4-5.6L IS です。

スターアライアンス・コレクション
↑最近~コンビニで注目している商品
サントリーの缶コーヒー 「ゼロの頂点」に付いてくる
販売促進用「オマケ」が熱いっ!!

サントリーボスのオマケ
↑スターアライアンス・ジャパンメンバー・コレクションです。
旅客機はカラフルで良いですな~(*^。^*)

新しいレンズも買ったし・・・そうだ成田に行こうっ!

成田 B 滑走路に着陸するUPS カーゴ
↑新レンズで試写してきました。


地元の横田基地オープンハウスは悲惨な結果に・・・(ToT)/~~~

2011年 横田友好祭の警察犬
↑出だしが遅くて展示機撮れず・・・ショボ~ん。


河口湖飛行館の一式陸攻22型、
前部胴体の公開状況の画像を見つけました。

河口湖飛行館の一式陸攻

骨格零戦も主翼と胴体の一部が展示されているようです。
8月で公開は終了しました。

新型キヤノン500mm登場!

キヤノンがフォトキナ2010(2010年9月)に参考出品していた製品。
既存の「EF 500mm F4 L IS USM」の後継機種として開発したもので、
今回正式に発売が決まった。

NEW EF500F4L
↑新型の EF 500mm F4L IS 外観

同時発表の「EF 600mm F4 L IS II USM」と同じく、
蛍石2枚を使用した高い光学性能を特徴としている。
新エクステンダー(EXTENDER EF 1.4X III、EXTENDER EF 2X III)
とのマッチングも考慮したという。

手ブレ補正効果は約4段分。

シャッターボタン半押し状態で補正を開始しないISモード3も備える。

SWCコートを配置しゴーストを低減。

また、レンズ最前面と最後面にフッ素コーティングを施したことで、
ゴミ付着の軽減と防止を図ったという。

最短撮影距離は3.7m。最大撮影倍率は0.15倍。絞り羽根は9枚。

外形寸法は146×383mm。重量は3,190g。
現行EF 500mm F4 L IS USMの3,870gから680gの重量減に成功している。

NEW EF600F4L
↑新型の EF 600mm F4L IS 外観

同時発表の「EF 500mm F4 L IS II USM」と同様、
フォトキナ2010で開発発表していた超望遠レンズの正式発表になる。
既存の「EF 600mm F4 L IS USM」の後継モデル。

蛍石を2枚使用し、現行品と同等以上の性能を実現。
新エクステンダー(EXTENDER EF 1.4X III、EXTENDER EF 2X III)
との組み合わせを考慮した倍率色収差設計も行なったという。
レンズ構成は12群16枚。

手ブレ補正効果は約2段分。

シャッター半押し状態で補正しないISモード3も備えている。

光学系にはSWCコートを採用。ゴーストを低減したという。

また、レンズ最前面と最後面をフッ素コーティングしており、ゴミ付着の軽減と防止を図った。

最短撮影距離は4.5m。最大撮影倍率は0.15倍。絞り羽根は9枚。

外形寸法は168×448mm。重量は3,920g。

EF 600mm F4 L IS USMの5,360gより1,440gも軽くなっている。


キヤノンは7日、開発中の超望遠ズームレンズ
「EF 200-400mm F4 L IS USMエクステンダー1.4x」の外観サンプルを
CP+2011(2月9日~12日、パシフィコ横浜)に参考出展すると発表した。
2011年内での発売を予定している。

NEW 200-400

エクステンダーを内蔵し、広角側200mmから望遠側560mmまでのズーム域をカバー。
「主にスポーツやネイチャー分野の撮影での高い利便性の実現を目指す」としている。

また、蛍石などの特殊光学材料を採用。
防塵・防滴性能も実現するという。
手ブレ補正機構や超音波モーターのUSMも備える。

詳しくはキヤノンのHP→コチラです。

New EF500mm F4L Ⅱ 発表!

キヤノン新レンズも沢山!発表されましたヨ。
new EF300 F2.8
↑新型サンニッパです。
三脚座は取り外し不可のようですね。

蛍石(フローライト)
↑「蛍石」フッ化カルシウム結晶(CaF2) は、
天然鉱物の一種である。
新サンニッパはキヤノンお得意の
蛍石2枚使用の豪華版です。

new EF500mm
↑ヒコーキファン大本命の1本!
500mmもリニューアルされますよっ!!
(一応~参考出品だそうです・・・)
手振れ補正はサンニッパ同様に、
4段相当で出てくると思いますーっ、楽しみですね。

詳細は→
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100826_389298.html

EOS 60D が発表されました。

今日~EOS 60D が発表されましたヨ!
EOS60D

バリアングル液晶モニターは、
展示機撮影に便利ですね。
別売のグリップのデザインが、
やっと”まとも”な形になって良かったね。


詳細は→コチラ
プロフィール

哲(てつ)

Author:哲(てつ)
趣味でヒコーキ撮影している、
哲(てつ)と申します。
乗り物系は何でも
興味がありますので、
色々なジャンルに挑戦して、
ブログで紹介したいと思ってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。