スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新型キヤノン500mm登場!

キヤノンがフォトキナ2010(2010年9月)に参考出品していた製品。
既存の「EF 500mm F4 L IS USM」の後継機種として開発したもので、
今回正式に発売が決まった。

NEW EF500F4L
↑新型の EF 500mm F4L IS 外観

同時発表の「EF 600mm F4 L IS II USM」と同じく、
蛍石2枚を使用した高い光学性能を特徴としている。
新エクステンダー(EXTENDER EF 1.4X III、EXTENDER EF 2X III)
とのマッチングも考慮したという。

手ブレ補正効果は約4段分。

シャッターボタン半押し状態で補正を開始しないISモード3も備える。

SWCコートを配置しゴーストを低減。

また、レンズ最前面と最後面にフッ素コーティングを施したことで、
ゴミ付着の軽減と防止を図ったという。

最短撮影距離は3.7m。最大撮影倍率は0.15倍。絞り羽根は9枚。

外形寸法は146×383mm。重量は3,190g。
現行EF 500mm F4 L IS USMの3,870gから680gの重量減に成功している。

NEW EF600F4L
↑新型の EF 600mm F4L IS 外観

同時発表の「EF 500mm F4 L IS II USM」と同様、
フォトキナ2010で開発発表していた超望遠レンズの正式発表になる。
既存の「EF 600mm F4 L IS USM」の後継モデル。

蛍石を2枚使用し、現行品と同等以上の性能を実現。
新エクステンダー(EXTENDER EF 1.4X III、EXTENDER EF 2X III)
との組み合わせを考慮した倍率色収差設計も行なったという。
レンズ構成は12群16枚。

手ブレ補正効果は約2段分。

シャッター半押し状態で補正しないISモード3も備えている。

光学系にはSWCコートを採用。ゴーストを低減したという。

また、レンズ最前面と最後面をフッ素コーティングしており、ゴミ付着の軽減と防止を図った。

最短撮影距離は4.5m。最大撮影倍率は0.15倍。絞り羽根は9枚。

外形寸法は168×448mm。重量は3,920g。

EF 600mm F4 L IS USMの5,360gより1,440gも軽くなっている。


キヤノンは7日、開発中の超望遠ズームレンズ
「EF 200-400mm F4 L IS USMエクステンダー1.4x」の外観サンプルを
CP+2011(2月9日~12日、パシフィコ横浜)に参考出展すると発表した。
2011年内での発売を予定している。

NEW 200-400

エクステンダーを内蔵し、広角側200mmから望遠側560mmまでのズーム域をカバー。
「主にスポーツやネイチャー分野の撮影での高い利便性の実現を目指す」としている。

また、蛍石などの特殊光学材料を採用。
防塵・防滴性能も実現するという。
手ブレ補正機構や超音波モーターのUSMも備える。

詳しくはキヤノンのHP→コチラです。
スポンサーサイト
プロフィール

哲(てつ)

Author:哲(てつ)
趣味でヒコーキ撮影している、
哲(てつ)と申します。
乗り物系は何でも
興味がありますので、
色々なジャンルに挑戦して、
ブログで紹介したいと思ってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。