スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「永遠のO」を読んでみた。

所沢の航空発祥記念館で展示されている
米国プレーンズ・オブ・フェイム航空博物館
(以下POF)所有の零戦52型「61-120」ですが、

3月末までだった展示期間が延長され、
8月末まで展示されることが決まったようです。


「日本の航空技術100年展」の期間延長について→コチラです。

所沢の零戦~展示期間延長8月末

三菱A6M 零式艦上戦闘機
”ゼロファイター”の名で世界的にも有名な、
今さら説明するべくもない名機の中の名機である。
日本の航空機史上空前絶後となる
10000機以上が生産され、
質・量ともに日本海軍航空隊を支え続けた零戦。
諸戦の圧倒的勝利から大戦末期の悲壮な特攻まで
常に主力の地位を占めていたため、
もはや零戦は一航空機の枠を超え、
日本海軍、さらには大日本帝國そのものの象徴である。

零戦女子と言うべきか

そして最近、女性の間にも口コミで読者が広がり、
ネット通販のアマゾンで600件を超えるレビューが
投稿されるベストセラー小説「永遠のO」
(0のゼロは零戦 ”ゼロ戦” の事)
所沢の零戦展示会場でも女子学生や
アラフォー世代の女性が多く見受けられるのは、
この小説の影響でしょうね。

永遠の0ゼロ~購入、読んだヨ!

↑永遠の0(ゼロ)読みました。

映画化も決定しているようで、
POF の零戦展示延長も関連があるのかな?

「永遠の0」HP→コチラです。

戦後およそ70年、
太平洋戦争も歴史の一コマとなり、
その戦争を体験した人々の多くが世を去ってしまった。
現在の平和を満喫している年代層の人たちは、
零戦を見て何を感じるだろうか?

予科練の話をしてました。

↑単なるコスプレではない!
遺品の戦闘服を身に着け
記念撮影を行う遺族の方と遭遇、
許可を頂いて撮影した。


風防オープンで操縦席を公開

↑POF 所有の零戦は飛行する事が第一なので、
計器類の一部を米国製に変更し、
7.7mm機銃(二四五・七三六と漢字で表示)
の間に無線機を搭載。(黒いカバーで隠している)
本来、この場所には水平儀と旋回計が装備される。
操縦席周辺の造作はかなり原型機に忠実だ。

引きのみ式手掛け

機体のほとんどは外板厚がわずか0.5mmしかない。
主翼上面はとても柔らかく無闇に歩くと凹むので
搭乗員は操縦席に乗り込むために、
手掛け・足掛けを使用する。

引き込み式の足掛け

↑中央の足掛け
ボタンを押すと各部から手掛け棒と足掛けが、
バネ仕掛けで飛び出す非常に凝った構造になっている。
零戦は徹底的に軽量化を図る為に、
搭乗員が直接踏めないほど極薄の外板を
使用しているのだ。

軽量化のために座席にも肉抜き孔

↑零戦の軽量化は座席にも現れていて、
背もたれ部分に多数の軽量孔を設けている。
座席の上下は調整できるが、前後は調整不可。
欧米戦闘機のように座席背後に防弾鋼板を
取り付ける配慮はなど一切ない。

POFの機体は大柄な米国人に合わせて、
座席位置を後退させている。

零戦は艦上機なので着艦フックを装備

↑機体下面が観察できるように鏡を設置した。
拘捉鈎(こうそくばり)の格納部分が見える。
着艦フックと言えば判りやすいと思うが、
フック自体は装備されていないようだ。

スポンサーサイト
プロフィール

哲(てつ)

Author:哲(てつ)
趣味でヒコーキ撮影している、
哲(てつ)と申します。
乗り物系は何でも
興味がありますので、
色々なジャンルに挑戦して、
ブログで紹介したいと思ってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。