スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年 富士駐屯地祭 その2

平成25年7月7日(日)
富士学校、富士駐屯地
開設59周年記念行事
”絆~仲間とともに~”
行ってきたのでレポートします。

現地6時着を想定して自宅4時出発。

圏央道~走行中

青梅IC(圏央道)~八王子JCT~中央道~談合坂SA(休憩)
大月JCT~山中湖~東富士五湖道路~須走(終点)
会場の富士駐屯地は須走り出口すぐそこ。

富士山世界遺産登録
↑談合坂SAでトイレ休憩
富士山世界遺産登録の看板。

富士山ドーン!
↑中央道~河口湖近く・・・富士山ドーン!

カーナビ画面~須走り付近
↑須走出口に道の駅「すばしり」有り。
施設を出てT字路(信号あり)にコンビニがあります。
朝食や飲み物など準備しましょう。

駐車場に到着した。
↑6時前に正門前のグランド駐車場に到着。
じぇじぇじぇ!先客の多さに驚く。

開門待ち
↑6時過ぎ~正門に並ぶ。
日差しが強く、日焼け止めを塗る。
すでに多くの先客が・・・40番目くらい?

早めの開門です。
↑入場待ちの行列が歩道に溢れ危ないので
開門を早め施設内に誘導する。
(手荷物検査は無かった)

8時30分まで待機~日差しが暑い!
↑観閲メイン会場は8時30分から入場。
6列の隊列を維持して隊員誘導でメイン会場手前で待機。
戦車の排気音を聞こえる・・・・
(富士学校では入場と観閲行進の2回見れるんだけど、
今年は入場時の車両移動は公開されませんでした。)

すると・・・私達が待機している目の前を
一般見学者が素通りして会場に向かっている。
正門から入場してきた私達は直ぐに異変に気が付き、
隊列を維持している隊員に注意喚起を促す。
しかし隊員は私達の隊列だけの維持に努めて
それ以外の事象は無視!
(隊員は若くて1人だったので臨機応変の対応が
出来なかったと思われる。)
待機している私達の目の前を20~30人は素通りしたでしょうか?
隊員の無策に腹を立て罵声を発し隊列から抜ける人・・・
最終的には不手際を認めて謝罪があったが、
すでに会場で場所取りしている人々の排除は行わずじまい。
険悪なムードのまま開放時間になった。


施設内には多くの枝線通路がありますね、
たぶん東門から入場した一般見学者は
係り員の先導なしにそのまま会場に移動したのでしょう。
正門グループの先頭集団は6時前から並んでいるんですよ!
入場の誘導に際しては、先導隊員の増員、枝線通路の監視、
公平な誘導をお願いします。

先頭集団ではこんなトラブルが発生していたのだ、困ったモンです。

そんな事でテンションは急降下~場所取りも失敗しましたーっ!

2011年度に撮影したもの
↑本当は行進の正面付近が理想だったが・・・
(2011年の駐屯地祭で撮影)

残念な位置から撮影です。
↑こんな場所で撮影です。日陰なので楽ですけど。

後ろに大勢の見学者が写りこんで・・・
↑後ろに人垣が・・・太陽がモロですので暑いですよ。

日差しを避けて日陰から
↑富士駐屯地は日陰から場所取りが始まります。


昨今の陸自イベントについて語ります。
陸自のイベントは空自の航空祭に比べ派手さは無いけど、
フレンドリーで隊員の一生懸命さが伝わるイベントです。
また、参加型体験コナーや子供向けアトラクションなど
自衛隊を感じられる場が特徴です。

おでかけピアが発行
↑最近は自衛隊関連のイベント情報誌等が出版され、
陸自駐屯地祭の見学ツアーなど多くの旅行会社が企画している。


webから拝借
↑テレビアニメ「ガールズ&パンツァー」の人気で
戦車やそれを扱う陸上自衛隊員にも注目されている。

今回訪れた富士駐屯地は、
規模の大きさとバリエーションの豊富さで人気の高い駐屯地だ。
機甲科・野戦特科・普通科の戦闘職種の幹部教育を行う
富士学校がおかれ、教育支援のため最新装備が配属される。


正門グランドの駐車状況
↑正門前グランド駐車場は満車!

ただ富士山周辺の道路混雑や撮影場所の確保は
他のところ比べて数倍大変なので覚悟しましょう。


その3観閲行進につづく・・・・
スポンサーサイト
プロフィール

哲(てつ)

Author:哲(てつ)
趣味でヒコーキ撮影している、
哲(てつ)と申します。
乗り物系は何でも
興味がありますので、
色々なジャンルに挑戦して、
ブログで紹介したいと思ってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。