スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013 年 MotoGP 日本グランプリ その3

もてぎに来ると毎年訪れる施設が
「Honda Collection Hall」です。
Moto GP が開催される日程に合わせて
レース関連の特別展示を行います。

RC211V クリックすると大きくみれます。

今回は、 「MotoGP への挑戦」
<< 新世代のレーサー RC211V >>
が企画され展示されました。

2輪ロードレース世界選手権最高峰の GP500 クラスは、
2002年からエンジン規定変更と合わせて 
“Moto GP” クラスと名称を変更した。
その初年度にデビューした Honda RC211V は、
ロードレースの歴史においても前例がない
V型5気筒を搭載するなど、独創的なマシンとなっている。
新時代のレーサーとして開発された 
Honda RC211Vのものづくりへの挑戦と進化の過程を見ていこう。

2001年 Honda RC211V プロト
↑2001年 RC211V プロトタイプ

2002年から始まるロードレース世界選手権の最高峰クラス
MotoGP 参戦に向けて開発が進められたプロトタイプマシン

2002年 #46 RC211V
↑2002年 #46 ロッシ 開発車両

RC211V の Moto GP デビューを託されたのは
バレンティーノ・ロッシと宇川徹。
開幕9連勝を遂げ、16戦中14勝という圧倒的な強さを誇って、
ライダーとマニュファクチャラーズのダブルタイトルを獲得する。

2003 年 #46 RC211V
↑2003年 #46 ロッシ MotoGP チャンピオンマシン

更なる進化を遂げた RC211V。
エンジンの吸排気の制御システムや、
スリッパークラッチの採用で4サイクルエンジン特有の
強烈なエンジンブレーキを制御。サスペンションのジオメトリーを変更し、
ライダーが意図しない不要な挙動変化を徹底的に排除した。

メガホンタイプのマフラー
↑2003年度の車両に装備された
マフラーはメガフォンタイプの3本だしとなり、
レーシーな雰囲気を醸し出している。

2004年 RC211V クリックで大きく
↑2004年 #15 セテ・ジベルノー
  2005年 #33 マルコ・メランドリ

V型5気筒エンジン
↑V型5気筒エンジン(2006年)
単体も展示された。
前側が3気筒で後方が2気筒の配置。

特異なマフラーも取り回し
↑エンジンとマフラーの取り回し。

#69ニッキー・ヘイデン
↑2006年 #69 ニッキー・ヘイデン
990cc最終年度の06年、
ホンダはニッキー・ヘイデンと共に MotoGP の
チャンピオンを獲得した。

スポンサーサイト

2013 Moto GP 日本グランプリ 観戦レポ その2

2013 MotoGP 日本グランプリ 観戦レポ その2

その2ではレース以外のイベントを紹介します。

T-4 が、クリックすると大きく見れます。
↑T-4 歓迎フライトが実施された。
(クリックすると大きく見れます)

百里基地所属の T-4 練習機
↑T-4 (06-5634)
茨城県にある航空自衛隊「百里基地」に
所属するT-4練習機がもてぎ上空に飛来した機種だよ。

ファースト・フレディ!
↑モト2とモトGP決勝の間に、
レジェンドライダー「フレディ・スペンサー」の
デモンストレーションランが行われた。
「おじさん世代」には涙モンなのだ。
現在のスペンサー氏は、
自伝を執筆中!どんな内容か楽しみ。

#4 '85 NSR500
↑250cc・500cc ダブルタイトルを獲得した
メモリアルイヤーのチャンピオンマシン、
1985年式 NSR500でデモ走行したヨ!

中央エントランス入口
↑レース終了後は、
中央エントランスで開催されている
イベント広場まで見学。

YZR-M1 クリックすると大きく見れます。
↑ヤマハのブースでは、
Moto GP マシン ”YZR-M1”を展示。

もてぎのオネーさん
↑ホンダのブースでは
出光ホンダのオネーさん。

ドゥカティのブース
↑ドゥカティ 1199 パニガーレS とR を展示。
水冷4スト L 型2気筒エンジン/ 259万円(S)

ヘアピンで撮影するプロカメラマン達
↑ヘアピンで撮影するカメラマン達。

カメラマンその1
↑500mm/600mm レンズ多し!

カメラマンその2
↑あっ!女性カメラマン。

カメラマンその3
↑500mm+一脚がスタンダード。

カメラマンその7
↑MotoGP と言えば、アルパインスターズの
レーシングスーツを着用しているライダーは多い。
そのウェアを着込んでいるカメラマン。

カメラマンその4
↑キヤノンユーザー多し。

カメラマンその5
↑ホンダのズーク(原チャリ)で移動。

カメラマンその6
↑007ですっ!1DX + 600mm か?

もてぎの装備カメラとレンズ
↑今回の装備
カメラ:EOS-1D Mark Ⅲ・1台のみ!
レンズ:EF500F4L IS と 70-300F4-5.6L IS 2本だけ。
バック(ロープロ)と一脚(ジッツオ)など。


#33 山田誓己/500mm
↑ヘアピンコーナーでは、
イン側を走行するので500mm で撮影。

#33 yamada/300mm
↑ヘアピン立ち上がりは300mm程度で
いっぱいに撮れます。
2本のレンズを使い分けましょう。


もてぎの装備 カメラ以外
↑カメラ機材以外に用意する物は、
荷物置き用のブルーシートや
折りたたみ椅子が有れば良いでしょう。
パソコンは実況をネット経由で見るために用意したが、
太陽光下では見えないすっ!
光源を遮蔽する工夫が必要だ。


もてぎ到着
↑もてぎ到着が5時47分
走行距離 172Km で燃費は25Km/L

もてぎ~自宅着
↑もてぎ(16時50分)~自宅到着(21時44分)
高速の渋滞有り~SAで食事休憩したりで、
帰りは約5時間!(走行距離 185Km)疲れた。
燃費は 26.7Km/L でした。


プロフィール

哲(てつ)

Author:哲(てつ)
趣味でヒコーキ撮影している、
哲(てつ)と申します。
乗り物系は何でも
興味がありますので、
色々なジャンルに挑戦して、
ブログで紹介したいと思ってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。