スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年 百里基地 「一望百里」の今 その2


今回の撮影に使用したカメラとレンズ<strong>です。
↑今回の「一望百里」で使用したカメラとレンズは、
500mmF4L IS+1Dマーク3と
70-300mmF4-5.6L IS+1Dマーク3の
2台体制で撮影を行いました。

EOS-1D-Mark3+EF500mmF4L IS で撮影
↑排気でバックの風景を揺らしながら、
滑走路 03R エンドに向かうF-4ファントム
500mm レンズで撮影すると遠近感が圧縮され迫力だ。

EF70-300mmの300mmで撮影しています。
↑素早くカメラを持ち替え、
全体を300mmで撮る。
500mmと比べて迫力に乏しいが、
安定している絵柄ですね。

EF70-300mm の 200mm 付近で撮影してます。
↑約200mmのショットです。
F-4 ファントムは2人乗りの
複座型のみ製造された戦闘機だ。
操縦は前席パイロットが行うが、
自衛隊の場合、後席にもパイロットが搭乗し、
レーダーや兵器システムなど操作して、
航空機を効率的に運用する役割分担になっている。

RF4 が2機同時に R/W03R へ向かう。
↑偵察機は基本的に単独行動だが、
今回の訓練では2機でのフライトだった。
先頭が記念塗装機で良かったーっ!
後ろだったら排気でメラメラ状態だもん。

カメラを持ち替えて 300mm レンズで狙う。
↑カメラを持ち替えれ300mm 安定ショット。

真横のカタログ写真は押さえておきたい。
↑絶対押さえたい~70mmの真横ショット。
このような場合は70-300mm レンズが機動力を発揮!

左右で塗装の違いが判るかな?
↑前後席ともパイロットが搭乗する戦闘部隊のF-4 と違い、
戦術偵察機RF-4 では後席にはパイロットの資格を持たない
偵察航空士(ナビゲーター)が搭乗する。

一望百里の今後は?
↑閉鎖されても不思議じゃない特別な場所
それが・・・「一望百里」です。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

哲(てつ)

Author:哲(てつ)
趣味でヒコーキ撮影している、
哲(てつ)と申します。
乗り物系は何でも
興味がありますので、
色々なジャンルに挑戦して、
ブログで紹介したいと思ってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。